日々の徒然を

木曜日, 10月 06, 2011

ジョブズ死す

「私の中でひとつの時代が終わった」っていうのは、こういう感覚なんだろうなぁ。

 APPLE ][ をはじめて見たのは、中学のとき、大阪屋の三階だったと思う。あの当時から他のマシンと比べて異彩を放っていたが、いつの間にか時価総額世界一の会社になったか。

 ガレージから世界一ってのは、多分これが最後だろう。ハード絡みはもう考えられないから、ガレージではじめる必要がない。

 まぁ、手にした apple の製品といえば、iPod shuffle だけ。昔は高過ぎたし、買える値段になったころにはメジャー過ぎた。

 考えてみると、ビル・ゲイツはもう降りたが、スティーブ・ジョブズはほとんど最後まで現役だった。

 そういう生き方もいいかもしれない。長生きはしたいけど (笑

自己紹介

お気に入りの本

ラベル