日々の徒然を

土曜日, 3月 20, 2010

映画:鑑識・米沢守の事件簿

 レンタル開始と同時に DISCAS の予約順位一位に入れておいたのだが、返却のタイミングが悪くて(要はみんなと同じときに返していたので)ようやく借り出せた。

 推理が二転三転して、実に地味な、しかしよくよく考えると非常に現実的なところに落ち着いた。
 まぁ、米沢守らしいお話。

 しかし、伊武雅刀の禿げっぷりは見事だ (^^;

ステラ:秋月の HID を取り付け

 2年ほど前、NA6 用に買って取り付けを挫折、ステラにつけようとしたが、一度は挫折した秋月の HID キット、ネットで調べていたらごく簡単に取り付けできる方法を見つけたのだが、面倒くさかったのと寒い季節になっていたので保留していた。

水曜日, 3月 17, 2010

夢がかなった?

生瀬勝久:「トリック」からスピンオフ「警部補 矢部謙三」で連ドラ初主演 4月放送

生瀬さんは連続ドラマに初主演で、放送は毎週金曜日午後11時15分。
 2年ほどかかったが、夢が現実になったようだ。
「小日向さんが(主役に)選ばれるということは、僕にも(主役の)チャンスが回ってきたということです」

火曜日, 3月 16, 2010

仕事探し:営業のフォロー

 ちょっとした web サイトを納めたお客さん、使っている気配がない。

 調子はいかがですかとメールをすると、何をどうしたらよいのかわからないとの返事。

 ..........

 ネガティブな感情は胸の奥にしまって、今回のフォローメールの良かった点。
・時期が良かった
 アクセスが頻繁だと煩がられ、間が空きすぎると忘れ去られてしまう。昼に送って夕方に返事が来たので、フォローのタイミングとして大外しということはあるまい。

・相手はまだやる気がある
 返事があったということは、相手はまだ投げていないということ。

・またいく口実ができた
 なんだかんだで、このお客さんのところに行くたびに、相手を半日拘束してしまっている。こちらの都合だけで押しかけるには気が引ける。

 最初なのでいろいろと勉強させてもらいたいし、できれば長く付き合いたいお客さん。

 来週にでも行けると良いのだが。
 

本:たまたま


 図書館に予約を入れていて、たまたま一緒に借り出せた本がビジネス書というかライフハック系というかが3冊。

 橘玲と日垣隆は何冊も読んだが、新堂冬樹は初めて。

 さて、何が書いてあるか。

本:夢見る黄金地球儀


 海堂尊の本ということで図書館にかなり前に予約を入れた本がようやく回ってきた。

 はっきり言って詰まらん。最初の方は勢いで読ませるが、中盤、あまりに退屈で途中で止めようかと思った。真ん中を少し過ぎて予想通りの展開が見えてから少し面白くなったが、それにしても話が無理すぎ。

 もともと情景描写や心理描写が細かくない人だったが、自分の畑の医療の世界を離れて、中途半端に SF というか物理の世界を書かれては全然感情移入できない。

 桜宮サーガを全部抑えておきたいとか、ナイチンゲールの沈黙のあの二人があのあとどうなったかを読みたいとか(オイラにとってはこれも期待はずれだが)でなければ無理に読む必要はないと思う。

 これだけ読むと、海堂尊はもう駄目かとも思うが、今、週刊新潮で連載中の「ナニワモンスター」はなかなかいけてる。

 この人は、医療の分野以外は気をつけたほうがよさそうだ。

月曜日, 3月 15, 2010

掛け値なしに客寄せパンダだ

“しずちゃん効果”だ!観客500人集結

この日は“しずちゃん効果”で、約500人の観客が集結。「女子ボクシングが盛り上がってうれしいです」としずちゃんの参戦を歓迎していた。

日曜日, 3月 14, 2010

トリック第一話を見た

 映画公開が近いということもあって、北海道で再放送中。

 で、初めてシーズン1の第一話を見た。

 仲間山田さん、目がパッチリして顔もちょっと丸くて、成海 璃子を少し精悍にした感じ。舞台メークもちょっとケバ目で、まだ、色白面長碧の黒髪切れ長の目という和風のイメージが確立していなかったようだ。

 阿部上田教授も若かったなぁ。

 なんせ10年前だからなぁ。

自己紹介

お気に入りの本

ラベル