日々の徒然を

金曜日, 6月 19, 2009

いや、そんなことはない

実写版「こち亀」ロケ画像流出…ファンから失望の声

2人とも絶世の美男美女で大富豪の子供(20代後半)という設定だが、流出した写真によると、中川は速水もこみち(24)、麗子は香里奈(25)が演じるようだ。配役自体は納得だが、問題は2人が劇中で着用する衣装。

 原作では、大金持ちゆえに超高級ブランドに特注させた制服を着ているという設定だが、流出写真を見るかぎりでは制服の出来があまりにもチープなのだ。ネット上でも「学芸会の衣装だ」「麗子は場末のキャバクラ嬢みたい」といった散々な反応が相次いでいる。
 本当に超高級ブランドを着てたらシャレになりませんって。

ケーキバイキング初体験

 久しぶりにイトコを誘って夕食。店はホテルのレストランのケーキバイキング (^^;
 一度はケーキバイキングに行ってみたかったのだが、さすがのオイラも40過ぎの中年男が一人で行くのは気が引けた。で、女のイトコと一緒に (^^;

 一つ一つが小さくて、一通り食べてから気に入ったのをもう一度食べられるぐらいのサイズ。なかなかおいしかった。これで 1500円は高くない。
 
-----
 イトコと色々話したが、燃え尽きたのか悟りきったのか、今は世捨て人のような生活を送っているようだ。才のある人だけにもったいない。使わないなら、オイラにまわして欲しいのだが、こればっかりはどうしようもない。
 なんでも出来て何でも持ってる欲しいものない人をやる気にさせるにはどうしたら良いのだろう?
-----
 ここ一年ほどケーキを絶ち、この半年は甘いものは極力食べずにきた。コーヒーも飲む量をコントロールしている。

 が、今日は全部解禁 (^^;

 安物ではなかったので、胃の方はなんともないが、すでに顔に吹き出物が (^^;。腹の減り具合も変。コーヒーを4杯も飲んだので今夜は眠れそうにない。

 たまにはいいか。

月曜日, 6月 15, 2009

本:亜玖夢博士の経済入門

 橘玲は好きな作家なのだが、長編小説はたまにしか出ないし、小説以外の本はネタの使い回しが多く、「とりあえず買ってみる」には躊躇してしまう。
 この本も書評を読んだ限り、今までのネタの使いまわし+ちょっとしたお遊び気味の短編集という感じで結局買わなかった。その後はすっかり忘れていたのだが、図書館にあるのを見つけて借りてみた。

 最初の一編を読んだ後、星新一を思い出した。星新一を読んで感動したのはもう30年以上も昔の話だが、少し前に NHK がショートショートを映像化していて懐かしく思い出させてもらったからだろう。
 星新一のショートショートの「SF」を「経済理論」に、「ユーモア」を「ブラック」に入れ替え、ウイットを薄く不気味さを濃い目にし、長めの短編に引き伸ばす。そこに松本零士を一滴たらしてカナメール王子が特別出演。

 この間まで NHK で、出社が楽しい経済学という番組があったが、アレを民放の深夜枠ドラマに持っていった感じになるだろうか。

 相変わらず橘節全開の内容だが、マネーロンダリング永遠の旅行者、あるいは雨の降る日曜は幸福について考えようほどのヘビーさはない。その分お気楽に読める。全体を通していえば、ブラック方向に振った大人の御伽噺だろうか。


自己紹介

お気に入りの本

ラベル