日々の徒然を

金曜日, 3月 25, 2011

福島原発

 圧力容器の表面温度が 400℃になって聞いて、内部は何気圧だとググッたら、こんなページを見つけた。

「1号機の圧力容器の表面温度400度」っていったい??
もしこれが摂氏ならば、内部の蒸気圧は220気圧(22MPa)を越えています。

1号機の圧力容器の耐圧が90気圧(9MPa)ですから、密閉状態では完全に圧力容器が破損します。

昨日の圧力容器内の圧力は上の図からは2.95気圧(0.295MPa)ですから、400度の水蒸気圧の220気圧にとうてい及びません。
 確か圧力容器の設計圧力は 70気圧と聞いたから、ありえない領域に入ってるっぽい。と、思ったら、圧力容器に水が入っていないと辻褄が合うらしい。
① 実は圧力容器の中に既に水は存在しない
② 水蒸気爆発を恐れて海水の注入が出来ない
③ 水が無い方が、再臨界を起こさないと判断して燃料棒を溶融するに任せている
④ 圧力容器は空焚きで、格納容器を用いて圧力容器を外側から冷却している
 むう。圧力容器のメルトダウンも近い??

月曜日, 3月 21, 2011

プラズマテレビ購入

 NTT-X からのメールを見ていたら、日立のプラズマ 42インチ録画機能付(P42-XP05)が 89,800円というのがあった。42インチ録画機能付でこの値段なら型落ちの普及機だと思って調べてみたら、発売は 2010/04/17 とちょっと古いが現役の高級モデル。ということは、ニューモデル発売直前の在庫処分。
 ニューモデルの方が高機能高品質で価格が安い可能性も大いにあるが、デジタルテレビもだいぶ枯れてきているし、この値段はちょっと安すぎ。新しいのは 3D になっている可能性もあるし、そうなるとまた無駄に高い可能性もある。

 頭痛の種になる可能性もあるので、家電量販店で一度現物をチェックしてから買いたかったのだが、使っていた2000年上半期製造のテレビの映りがかなり悪くなっていて今年7月のアナログ放送終了まで使えるか不安だったのと、在庫僅少の表示に目が眩んでポッチと。

本:獣の奏者 外伝 刹那

 去年の暮れに予約を入れて、やっと図書館から回ってきた。三日で読了。

 内容は中編二つと短編というよりショートショートひとつ。「刹那」は外伝だが、「秘め事」はエサル先生のスピンオフ。「はじめての…」は、まぁ、立ち読みでもしてもらえば。

 獣の奏者ファンなら読みたかった内容ではあるが、本編とはノリが全然ちがう。どちらかというとフツーのそれも私小説に近いぐらいの内容。そういう評価でいくと中の下ぐらい。

 そのせいかどうか、借りた人が多い割には本はずいぶんときれい。

自己紹介

お気に入りの本

ラベル