日々の徒然を

金曜日, 7月 31, 2009

英語勉強中:古い洋書を引っ張り出してみた

 この一ヶ月ほどサボり気味だったが、それでも英語の勉強は続けいている。その中に「すらすら読める英文を読む」というのがあり、big fat cat を引っ張り出して来て読んだり、Oxford Bookworms のやさしいのを買ってきたりしているのだが、同じものを何度か読んでいると飽きてしまう。無職の身ということもあり、そう新しいのを買うわけにもいかない。

 と、昔々勉強のつもりで英語のペーパーバックを買ったのを思い出した。買ってはみたものの当時のオイラには難しすぎて一ページも読めなかったのだが、今ならどうだろうと車庫の置くから探し出して引っ張り出してきた。

 なんとか読めた。買うときに、興味が続くようにとちょっとエッチぽいのを選んだのだが、読んでみるとちょっとどころではない。表紙では、金髪の女性がピンクのノースリーブのワンピースを着て公園の花の横でポーズをとっていて、タイトルが「sleep around teach」。美人家庭教師と生徒の秘め事、ぐらいを想像していたら....。団鬼六真っ青、というかあちらの国ならこういうふうになるだろうなぁという感じ。
 一応、高校high school の drug 絡みの組織の対立という、アメリカのバイオレンス映画風のプロットはあるのだが、そこのエッチなところだけを抜き出してあって、それがまたエグイ。

 見たことのない単語がたくさん並んでいたが、基本的に意味は想像できるし(^^;、何度も繰り返し使われるのであまり苦にならない。本当に意味をとらなくてはならない部分(?)が少なくてかえって集中できる、というか飛ばしてしまうと話が通じなくなってしまうので読み飛ばすわけにはいかない。

 語彙、文法ともにちょっと難しめだったのだがなんとか読了。

 昔買ったハリーポッターの原書もあるのだが、こちらは難しすぎるのと興味が続かないのでなかなか読み続けられない。

 ん-、この種の本も悪くないかも (^^;

 

水曜日, 7月 29, 2009

就活中:超有名どころのスケジュール

 就職申込書を送った後、メールが届く。書類を受け取ったという確認かと思ったがさにあらず、

就職申込書を受け付けた方には、8月7日(金)に『個人ページ』にメッセージをお送りして、書類選考結果を発表する日時をお知らせする予定です。
 申し込み書類の必着日から二日も経ってから来たメールがこれ。相当応募があったのだろうか?

 8/17 から順次面接が始まるというのに、大丈夫かいな?

 

就活中:玉砕二つ目

 転職サイトから、また「希望条件に合致した求人情報が掲載されました!」とメールが来た。よく見ると2-3週間前に来ていたものと同じ。社名は非公開ながら、「低価格、且つ適正な品質の商品を提供している、国内トップレベルのホームセンター」という会社情報と勤務地(北海道)で見当がつく。資本金や売り上げが掲載されているので HP で確認するとドンピシャ。

 データーベース系のエンジニアが欲しいようなのだが、オイラはそっちの方は実務経験がまったくない(データベーススペシャリストの試験には受かったが)。それでもせっかく「希望条件に合致した求人情報が掲載されました!」というメールが2回も来たのだからエントリーしてみた。

 で、その日のうちに回答が来たのだが、

> 誠に恐縮ながら、企業からのご要望にマッチしないため
> ご紹介が難しい状況です。

「希望条件に合致した求人」にエントリーしてこの回答は納得いかんなぁ。一応その旨問い合わせのメールは送ったが返事がくるかどうか...。

日曜日, 7月 26, 2009

Ruby勉強会@札幌-11 に行って来た

 ほぼ一年ぶりの参加。 

 開催場所は街中。自転車で行こうと思ったのだが、昨日出かけた先で雨に降られ、出先においてきたので地下鉄で行ってきた。ただ、自転車があっても厳しい天気だったのだが。

 机を並び替えて会場設営(?)をしたあと、ポジションシートを使って自己紹介。参加人数は20人ほど。学生さんや教育関係者も結構いたが、それ以外の人も多かった。

 次は「『初めてのRuby』読み合わせ」。となり方に本を見せてもらう(^^;。区切りの良いところまで読んでは、みんなでアレやコレやと意見を言い合う。一人で読んでもそれなりにわかるのだろうが、こちらの方が色々と細かいところまで分かって面白い。Ruby に多次元配列が無いというか、言語としてサポートしていないとは思わなかった。

 次は「RubyKaigi2009参加報告」。勉強会というか、会議が好きなのが Rubyist のメンタリティーなのだろうか??オイラの知ってる古いタイプのプログラマとはだいぶ違う。こういう人たちが OSS を支えているのかと納得もいく。

 帰り際、並べてあった本をパラパラと眺める。リファクタリングとか、clean なコードを書くための本とか、この手の本を最近全然読んでないなぁ...。
----
 帰り道、他の参加者の方とちょっと話した。読み合わせでは、ずいぶんトリッキーなコードを書いているように見えたのだが、あの程度はまだ入り口で、Ruby は同じことを何通りもの方法で実装できる強力な言語だそうな。ドキュメントも無い他人の書いたコードをメンテナンスするときはどうなるんだろう?ま、LL だし、アジャイルな開発にはそれで良いのだろうけど。

 アルパインスタイル的な、レベルの高い人向きの言語という気がしないでもない。

----
 Ruby 札幌の皆様、お疲れ様でした。時間が合ったらまたお邪魔させていただきます。

 

PHS 購入

 今使っている au 携帯の「誰でも割り」が来月で24ヶ月。再来月に解約すれば違約金はなし。ということで色々物色してみた。

 au をシンプルコースに乗り換えると毎月の支払いは基本料金 934円(誰でも割り)+390円(ダブル定額スーパーライト)+300円(EZ WINコース)で 1624円。無料通話分 1,050円分込み。
 新しく一円ケータイに買い換える手もあるが、事務手数料が結構かかる。

 PHS にたまたまお得なセットがあって、通話+メール専用機が月々の支払い 1280円。無料通話分はないがメールは使い放題。

 今使っている au のケータイは当時のほぼフルオプションの多機能携帯。なのだが、通話すらほとんど使っていない(^^;。プリペイドでも良いぐらいなのだが au のプリペイドはメールが使えない。soft bank のプリペイドはメールが使えるのだが、月当たり1500円ぐらいになってしまう。

 そのほかにも、電源の入ったケータイが近くにあると頭痛がするので、今回は PHS を買ってみた。

----
 ちっこくて良いのだが、イジッていると頭痛がする。au の携帯とは頭痛の具合が違うのだが...。失敗かもしれない...。

 
 

自己紹介

お気に入りの本

ラベル