日々の徒然を

土曜日, 5月 31, 2014

本:憎まれ役

 どこで知ったかは思い出せないが、野中広務と野村克也の交換日記風のエッセイ。

まぁ、年配の人が語る典型的なキャリアポルノ。貧乏から這い上がるとか、叱られて「なにくそ」と反発して頑張るとか、今となってはかなり古臭い啓発本。
 ただ、書いている人のイメージにピッタリなので、安心して読めた。
 
 昼休みや会社からの帰りの地下鉄、そして平日の夜すこしの時間を合わせて五日で読めたので、たまにはこういう軽い本もよいかも。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル