日々の徒然を

日曜日, 8月 30, 2015

本:「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。

 ネットの連載を見て、気になって図書館で借りた本。同じ著者の「スーパーの裏側」は先に読んだ
 内容はまぁ、「スーパーの裏側」と、ネットの連載を見たあとでは、大体想像できる範囲。「おっ!」と思うところもあれば「そうだよねぇ」と相槌を打ったり「なるほど」と、膝を打ったり。
 自分は、今では、一人で全国チェーンの居酒屋に行くことはないのだが、その理由は大体この本で書かれていることと一致した。
 
 「ニセモノ食品」については、かなりネガティブに書かれているが、安全性の面からは特に取り上げていないのは好感が持てる。金のないときに腹いっぱいになれたり、仲間内で盛り上がって気持ちよく酔えるのはなにも悪いことではないのだから。
 
 おや、と思ったのは「おわりに」にあった、孫をファミレスに連れて行くおじいさん、おばあさんの話。基本的にファミレスにはいかないし、孫のいる人と付き合いがないので知らなかったが、なんとなくさみしい話。

 あと、4章の食べ歩きレポートは、ネットのほうがかなり詳しく書かれているのは、ちょっと残念。本がネットのおまけになっている感じがする。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル