日々の徒然を

土曜日, 7月 23, 2016

本:精霊の守り人

 綾瀬はるか主演で NHK でドラマ化されたのだが、それがかなり面白かった。原作はと調べると上橋菜穂子。これは原作も読まねばとも思ったが、ドラマのイメージが強すぎると原作を素直に楽しめなくなるので、しばらく間をおいてから読んでみた。


 仮名遣いが多く、漢字には全部フリガナが振ってある、小学校高学年から中学生向けの物語。なので、かなりの厚さはあるが中身は濃くない。獣の奏者鹿の王と比べると単純なお話。そのうえドラマを見てあらすじが頭に入っているので、読むのはすごく楽。

  原作と比べると、ドラマはあちこちいじってはいるが大筋ではおなじ。というか、ドラマ版、かなり上手に手を入れたなという感じ。

 子供向けなのでちょっと物足りない感はあるが、読むのにそんなに苦労せず、なかなか楽しめた。

 続編も面白そうだが、来年、ドラマを見るまで楽しみは取っておこう。

 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル