日々の徒然を

火曜日, 1月 01, 2008

年明け

 基本的に無神論者なので、正月という概念に興味はない。去年勤め先をやめ「正月休み」という非常に使い勝手の悪い連休からも開放されたので、今年は普通に過ごせるかと思ったら、母から「年越しをいっしょにやらないか?」との電話が。

 週に一度は会っているので特に改めて話すことも無いのだが、40歳を過ぎてから無職という状況で心配をかけているので、何年かぶりに年越しを付き合う。

 一緒に酒を飲み煮しめを食べ紅白を見て寝る。朝は雑煮を食べて、母の家から歩いて帰ってきた。時間にして45分。意外と近かった。

 さて、昨日の仕事の続きを始めるか。見たいテレビ番組も無いし。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル