日々の徒然を

水曜日, 1月 23, 2008

不景気

 去年の9月まで勤めていた先は札幌駅の近くにあった。街中は人も多く活気があり、給料日の後などは一杯やろうと思っても店を探すのに一苦労するほどだった。
 北海道は不景気だといわれるが、実はそれほどでもないと思っていた。

 仕事をやめてから生活圏が家の周りに移ったのだが、どうも景気が悪い気がしてきた。
 いつも行くスーパーへは、大きな道路を渡らなくてはならないのだが、夜8時を過ぎるて赤信号で待っていると車がほとんど走っていない。400番台だが片側2車線の国道である。
 昨晩も、夜の8時過ぎにスキー場から帰ってきたのだが道がほとんど混んでいなかった。ほぼ毎年この時期、この時間帯に同じ道を通るのだが、こんなに空いていた記憶がない。

 みんな早い時間から家にこもっているのだろうか。

 景気が良さそうに見えたのは、札幌駅周辺だけということか。

  

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル