日々の徒然を

金曜日, 7月 31, 2009

英語勉強中:古い洋書を引っ張り出してみた

 この一ヶ月ほどサボり気味だったが、それでも英語の勉強は続けいている。その中に「すらすら読める英文を読む」というのがあり、big fat cat を引っ張り出して来て読んだり、Oxford Bookworms のやさしいのを買ってきたりしているのだが、同じものを何度か読んでいると飽きてしまう。無職の身ということもあり、そう新しいのを買うわけにもいかない。

 と、昔々勉強のつもりで英語のペーパーバックを買ったのを思い出した。買ってはみたものの当時のオイラには難しすぎて一ページも読めなかったのだが、今ならどうだろうと車庫の置くから探し出して引っ張り出してきた。

 なんとか読めた。買うときに、興味が続くようにとちょっとエッチぽいのを選んだのだが、読んでみるとちょっとどころではない。表紙では、金髪の女性がピンクのノースリーブのワンピースを着て公園の花の横でポーズをとっていて、タイトルが「sleep around teach」。美人家庭教師と生徒の秘め事、ぐらいを想像していたら....。団鬼六真っ青、というかあちらの国ならこういうふうになるだろうなぁという感じ。
 一応、高校high school の drug 絡みの組織の対立という、アメリカのバイオレンス映画風のプロットはあるのだが、そこのエッチなところだけを抜き出してあって、それがまたエグイ。

 見たことのない単語がたくさん並んでいたが、基本的に意味は想像できるし(^^;、何度も繰り返し使われるのであまり苦にならない。本当に意味をとらなくてはならない部分(?)が少なくてかえって集中できる、というか飛ばしてしまうと話が通じなくなってしまうので読み飛ばすわけにはいかない。

 語彙、文法ともにちょっと難しめだったのだがなんとか読了。

 昔買ったハリーポッターの原書もあるのだが、こちらは難しすぎるのと興味が続かないのでなかなか読み続けられない。

 ん-、この種の本も悪くないかも (^^;

 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル