日々の徒然を

水曜日, 12月 05, 2012

スノーボードを買った

 5年前、当時勤めていた会社を辞めた年にスノーボードの靴が壊れた。当分収入のない予定だったし、仮に再就職してもかなりの収入減が予想されたので、そのとき思い切ってボードとウエア一式を捨ててしまった。まぁ、10年ぐらいは使っていて、靴と板を合わせて2万円、ウエアも上下で1万円ぐらいの安物だったので充分元は取っていたのだが。

 今年、思うところあって車を買い替え、職場もそれなりの収入が見込めそうなところに入れた。
 なので、今年は久しぶりにスノーボードに再挑戦することにした。

 この間の昼休み、職場の近くのスポーツショップをのぞくと、今年のモデルの靴・板・ビンディングの三点セットが6万3千円。古いモデルならもう少し安く買えそうとあたりをつけた。

 今日たまたま仕事が休みだったので、車で大型スポーツ店にでかけ、ちょっと見て、良いのがあれば買ってこようと思ったのが運の尽き。四時間かけて小物以外を一式買いそろえてしまった。

 最初は見るだけのつもりだったのだが、靴をためし履きすると、なかなかフィットするものがない。4メーカーぐらいの靴を試したのだがなんとかいけそうなのが1社だけ。今年のモデルは高く、古いモデルは安いのだがサイズがあまり残っていない。板も同じ。古いモデルで自分の身長に合う板は選択肢がほとんどない。
 本当は今日は無理に買う気はなかったのだが、この状況では時間が経てば経つほど選択肢が少なくなってしまう。今日の時点でいくつかよさそうなモノが見つかったが、今週末、他の店を見てそれからじっくり考えて来週となると、今日目を付けた商品が残っている可能性はかなり低い。その場合、値段は変らないがイマイチのものか、モノは気に入っているが価格が3割増しのものか、あるいはどちらもない、という状況になってしまう。

 ということで、気合をいれて板と靴を探し出したらあっという間に3時間。組み付けをしてもらっている間にウェアを選んで都合一時間。
 
 1時ぐらい店に入って出たのは5時過ぎ。長かった。板・靴・バインディングで 48,630円、ウエアは上下で 18,000円、用具購入で 4,500円の割引券をもらったので、それを使って合計62,130円なり。
 
 ちなみに今回「カラー・コーディネイト」の部分はほとんど無視したが、そこまで考えて、さらに合い方がいたりした場合はいったい何時間かかるか想像もつかない??
 
------
 
 実はボードの靴が壊れたのと同じ時期にスキーの靴も壊れ、こちらは靴は処分したものの板とウエアはまだ捨てずにある。ただ、スキーの方が体力を使うのと、ボードよりはスキー方が少々うまく、楽しむためには難易度の高いゲレンデまで行かなくてはならないためお金も時間も余分にかかるため、今回はパスした。
 それに売り場を見た限りスキー板もすっかり変ってしまっていたので、買うとすればヤッパリ一式になりそうだ。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル