日々の徒然を

日曜日, 1月 19, 2014

本:ビッグドライバー

 昔々、スティーブン・キングが好きで、文庫本が出ればすぐ買う、ぐらいの調子で読んでいたのだが、ミザリーあたりから読まなくなった。
 そのあとは、本当にたまに読むぐらいだったのだが、最近、暇つぶしに読んでいる時代小説のシリーズを読みきってしまったので、久しぶりにキングを読んで見た。

  以前は文庫本を買っていたのだが、今回は図書館から借りて。


 この本の内容は中篇二つ。実に面白かった。どちらもホラーではなく、クライムノベルの類なのだが、キングらしさ満載。google で調べまくるとか、「図書館員の車だと車体に書いてあるようなスバルの最新モデル」とか、スー・グラフトンとか、ニャリとできるところが随所に出てくる。

  キングの長編ホラーは、嫌いではないのだが、重すぎると感じることがある。この本の中篇は、どちらも軽くはないのだが、週末の時間つぶしには悪くない程度のボリューム。

-----
 あとがきによれば、「シャイニング」で生き残ったダニーのが主人公の長編が出るとか。

 時間ができたら挑戦してみよう。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル