日々の徒然を

木曜日, 11月 06, 2014

本:成功する人は缶コーヒーを飲まない

 図書館の新書の棚で見つけた本。

 糖類を直接取ると血糖値が乱高下してよくない、というのをメインに据えた本。
 主題には同意するが、細かいところにアラが目立つ。

 58ページでは、テストステロンは、積極性や攻撃性をつかさどるホルモンで、多いほど「攻めの姿勢」を生み出すと書いてある。
 わずか2ページ先の 60ページでは、「テストステロン濃度が高い人ほど対立を回避し、公平な分配をすることが実験で明らかになったという。」

 90ページでは、野菜ジュースはミキサーを使うので、食物繊維が分解されるとある。
 165ページでは、青汁で食物繊維を取ろう、とある。
 青汁がどうやって作られるのかは知らないが、説明不足ではないだろうか?

 120ページでは 40歳以上の日本人の7割がピロリ菌に感染している、だからビタミンCを多く取ろう、とある
 170ページではピロリ菌は「早めに除菌したい」

 健康法の本だと思っていたのだが、全部で4章のうち、まるまる1章を女性上司や部下の扱いついて割いている。

 133ページに「女性は感情的になりやすく」とあるが、著者が女性のせいか、いかにも感情的な構成。

 読んだ限りでは、自分はビタミン不足に該当したので、ビタミン B 系のサプリを飲みはじめたのだが、3日目にして体調を崩し気味。

 読まなかったことにした方がいい本かもしれない ><

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル