日々の徒然を

木曜日, 7月 05, 2018

本:弱者の戦略

 弱い生き物がなぜ生き延びられたか、どういう戦略を取って生き延びてきたかが書かれた本。どこで見つけたかは残念ながら忘れたが、図書館から借りてきた。

 新潮選書ということで少し身構えていたのだが、書き方は軽め。想定読者は高校生ぐらいではないだろうか?
 楽しく読めたのだが、あまり新しい知見はなかった。というか、内容はほとんど覚えていない (^^;

 ただ、気になったのは、生き物が生き延びるために「戦略を取った」という書き方。これはタイトルだけではなく、全編を通して「戦略」という言葉が使われている。
 しかし、生き残った生き物たちは意図的に戦略を取ったのではなく、子孫や生存環境の多様性の中から、たまたま生き残ったものがいただけではないだろうか?

 まぁ、そういってしまうと読者の興味が買えないのだろうが。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル