日々の徒然を

木曜日, 12月 11, 2008

この歳で初体験

 なにを?って MRI。早いんだか遅いんだか。

 秋の健康診断でエコーに「肝血管腫」が発見された。要精密検査だったのだが、いろいろ忙しく、病院に行ったのが先週。そのときは問診だけで「来週造影剤を入れて MRI をやりましょう」。で、今日がその日。

 診察券を機械に入れると紙が何枚か出てきて、それを持って内科の受付へ。しばらく待つと紙を返してもらいその紙を持って中央処置室へ。そこで採血用の容器をもらいずーっと奥の MRI 室へ。診療着に着替えて、座って造影剤用の針(というかチューブ)を腕に刺すために、看護婦さんが肘から先の血管を探すのだがなかなか出てこない。そのうち気分がよろしくなくなってきたので「注射って苦手です」と話すと「気分悪くなったことありますか?」と聞かれ「2-3回、横になりました」と答えると、針刺しは MRI に横になってからに。
 機械のある部屋に入って MRI 本体にご対面。思ったより小さいというか、人の寝るところは結構狭い。針刺しは今度は肘になり -- 結構血がもれたようだ -- 結構太目のシリンダーに採血され、バスタオルやらクッションやらを巻かれて穴の中へ。穴の中はうわさにたがわずかなり狭かったがすぐ慣れた。昨晩はちょっと睡眠時間が足りなかったせいか、急に眠くなりウトウトとしかけたところでものすごい音がして目が覚める。それから息を止めたり吐いたり、途中万歳して造影剤(ちなみに使ったのはオムニスキャン)を入れたりして 30分ほどの撮影。
 終わってすぐ針を抜いてもらえるかと思ったら「造影剤の影響で急に気分悪くなることがあり、そのときに薬剤を入れるため10分ほどしてから抜きます」だって。針を刺したまま服を着替え -- 久しぶりに片手の使えない不便さを味わった -- 待つことしばし、やっと針を抜いてもらって撮影終了。

 病院に入ってから出るまで一時間半ほど。自己負担は...、13,390円!?。高いなぁ...。自己負担割合は3割だから今回の費用は5万円弱。それでも払っている健康保険料の2か月分ぐらいか。

----
 結果を聞くのは来週の木曜日。肝臓疾患は無いから良性だとは思うが、2-3年前まではずっと脂肪肝があったからなぁ...。

----
 ちなみに MRI は GE 製だった。

 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル