日々の徒然を

土曜日, 9月 12, 2009

本当にいるんだ

性別疑惑のセメンヤ選手は両性具有だった

検査でセメンヤには両性の身体的特徴が認められ、体内に睾丸があり、子宮と卵巣がなく、男性ホルモンのテストテロン数値が通常の女性の3倍以上も分泌されていることが判明したという。
 ま、ナニが両方あるわけじゃなさそうだけど。けど、たぶん「子孫をのこす」ことは出来ないんだろうなぁ。
同様の事例はIAAFだけでも過去4年間で8件あり、そのうち2件に失格処分が下されている。
 特殊なフィルターをかけると、あまりいない人が集まるということか。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル