日々の徒然を

火曜日, 1月 04, 2011

神棚を撤去

 今住んでいる家には神棚がある。オイラがこの家の主になる前からあったものだが、オイラは信心が無いので基本的に放置している。掃除をするのは年に一度正月だけ、親に言われてしぶしぶと、というところ。

 こういう状況では神様にも申し訳ないということで、前々から撤去しようと思っていたのだがなかなか手がつかなかった。計画としては正月の三が日が終わったところで外して、近くの神社のどんど焼きに持っていく、なのだがこれが腰が重くてなかなか実行できなかった。
 仕事をやめてからの3年ほどは正月特に何もすることが無かったのに、である。

 それが今年、とうとう撤去した。昼近くから始めて小一時間で外して分解、近くの神社に行って、どんど焼きで燃やすものの場所に入れてきて30分。よろしくお願いしますと、お賽銭は 1000円と奮発してきた。

 高々一時間半の仕事がなぜ何年もできなかったか...。

 信じていないなら、好きなときに外してゴミの日に出せばよいのだが、なかなかそこまではできない。

 さて、今年はどんな年になるのか。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル