日々の徒然を

月曜日, 3月 21, 2011

本:獣の奏者 外伝 刹那

 去年の暮れに予約を入れて、やっと図書館から回ってきた。三日で読了。

 内容は中編二つと短編というよりショートショートひとつ。「刹那」は外伝だが、「秘め事」はエサル先生のスピンオフ。「はじめての…」は、まぁ、立ち読みでもしてもらえば。

 獣の奏者ファンなら読みたかった内容ではあるが、本編とはノリが全然ちがう。どちらかというとフツーのそれも私小説に近いぐらいの内容。そういう評価でいくと中の下ぐらい。

 そのせいかどうか、借りた人が多い割には本はずいぶんときれい。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル