日々の徒然を

木曜日, 12月 20, 2012

個人面談終了

 一ヶ月ぐらい前に勤め先の個人面談があった。忘れていたのだが備忘録として残すために書く。

 8月の末にも試用期間が終わって本採用の面談があったので、間をおかずに2回ある感じで変な気分。
 相手は社長と副社長。評価期間は 4月から9月まで。多方面評価ということで、チーム全員からの評価を聞かされる。まぁ、おおむね好評価。ただ「謙虚で向上心がある」と「もう少し我をだした方がよい」とか「今まで経験してきたことを色々教えて欲しい」と「少し説明がくどい」とか、 なかなか難しい要求もある w。
 若い人の多い、技術力の高い会社でちゃんと戦力になっているのか不安はあったのだが、「わが社基準で一人分の仕事はしている」、「面接のときの「目標にしている年収」は、技術的な伸び代があるので十分期待できるでしょう」といわれる。

 50歳近くなって、20代30代と一緒に仕事をしながら「一人分」と認められ「伸び代がある」といわれるのは「プログラマ」としてはうれしい限りである。

 楽ではないが仕事は面白いし、給料アップも期待できる。最近慣れてきて多少ダレ気味だが、気合を入れなおして頑張ろう!

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル