日々の徒然を

日曜日, 6月 28, 2015

本:スーパーの裏側

 この本の著者のネットの記事を見て、本を読みたくなり、図書館で借りた。
 
 内容はまぁ、知りたくないというか、なんかそんな感じはしていたよ、というところ。安いにはそれ相応のわけがあるわけですよ、やっぱり。
 
 普段行くスーパーは、地元では高級系の店で、この本の中のチェックリストはかなりクリアされていた。全部ではないが、それはそれで仕方あるまい。 

 今のスーパーを使っている限りは特に問題はないのだが、他のスーパーを使うことになったら気をつけよう。
 
 あ、あと、「スーパーの厨房で作るサラダの材料になる野菜は次亜塩素酸ソーダを使って殺菌している」と明言している。ただややこしいのは、コンビニのサラダは使っていない、と書いてある。店頭に並んでいるカット野菜についてはなにも書いていないが、文脈からいくと使っていないようだ。
 カット野菜は次亜塩素酸ソーダを使っているから危ない、という話がネット上で出回っているが、真相はなんとも微妙な感じ。
 ちなみに、いつも行くスーパーの惣菜売り場のサラダは、スーパーではなく工場で作られているので次亜塩素酸ソーダは使っていなさそう。
 
 それと、この本、ウォルマートをほめている。従業員に公的支援前提の安い給料しか払わないスーパーを褒めるのはどうかと思う。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル