日々の徒然を

日曜日, 6月 25, 2017

TOEIC 受験 2017-06-25

 先月、Googl I/O に参加するためにカリフォルニアに行ってきた。その直前にかなり頑張って英語のリスニングのトレーニングをしたので、勢いにのって久しぶりに TOEIC を受けてみた。
 
 カリフォルニアから帰ってきたのが6/25。それから一ヶ月毎日 1-2 時間ずつ勉強をするつもりだったのだが、結構さぼった日も多かった。それでもそれなりに頑張り、直前にやった公式模試では 700-800 点の間ぐらい。ちょっと期待して本番に挑んだのだが...
 
 金曜の夜から酒を断ち、土曜の夜は 01:00 就寝。当日は9時に起きてシャワーを浴びて、トーストを 1/2 枚食べて、参考書を少し読んでから出発。



 試験会場は北大の「人文・社会科学総合教育研究棟社会科学実験研究センタ」の3回 W310 教室。明るい、中規模の教室で受験者数も数十人程度。大きな三人掛けの机に二人ずつ。かなり良い感じの環境。

 と思ったら。
 
 リスニングのテストで音が割れる。日本語・英語の説明の時点では問題なかったのだが、英語のリスニングの問題で結構な頻度で音が割れる。もともとリスニング力が厳しいこともあって、かなり苦しい状況。もうすこし音を絞ればよさそうな感じなのだが、始まってしまってからでは時すでに遅し。再生機器にラジカセを使っているのもあるのだろうか。
 まぁ、自分の力不足が大きいのだが、なんとも残念。
 
 リーディングの方も相性が悪い感じで二〇問程度は答えられなかった。
 
 体調は悪くなかったし、教室も悪くなかったのだが、いろいろと残念な感じ。二年前は725点だったのだが、今回もその前後という感じか。
 
 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル