日々の徒然を

土曜日, 2月 13, 2010

LDD '10 /Winter に行ってきた

 ldd10winter に行ってきた。今までは時間が長いのと(週末に半日)、いまいちセミナーの内容がピンとこなかったので参加しなかったのだが、今回は内容が面白そうなので(オイラの方が変わったのだろう)行ってきた。

 退屈したときの暇つぶしにとノートパソコンを持っていったのだが、退屈する暇がないほど充実したプログラムだった。

 Ext JS は、そっか、フリーのライブラリフレームワークでここまで出来るのか、と驚いた。

 そのほかのセミナーも色々と面白かったが、PostgreSQL の公開コーディングでは、エディターの使いっぷりに見とれた。オイラがあれほど指が回ったのは Win98 の DOS 窓で Vz を使っていた頃。でも Vz は文字列補完が無かったから、これほどは使いこなせなていなかった。
 Vim か。最近は Windows ベースのテキストエディターしか使っていなかったけど、ちょっと試してみようかなぁ。Eclipse のプラグインに入れないかなぁ。あと、コーディングをリアルタイムで他人の目に晒すというのは、高品質のソースを書くためにはかなり有効だということもわかった。ペアプログラミングは、やっぱりかなり有効そうだ。

 終わった後は懇親会。今年に入ってから外に飲みに出ていないのと、3,000円飲み食べ放題なのにつられて参加 (^^;。
 久しぶりにいろいろな人にあって、色々と面白いもことを見聞きした。肩書きが無いので名刺を持っていかなかったのだが、懇親会では話のきっかけ作りに必要だということがわかった。今度チャンスがあったら、名前とメールアドレスだけの名刺を持っていこう (^^;
 教えてもらった concrete5 という CMS は試してみる価値あり。
 あと、オイラは広義の ASP を考えているのだが、その手の経験が豊富な方から、客から金を取って自宅サーバーはありえないと言われた。少なくとも Flets は危ない、と。トラぶったときに言い訳が出来る情況が必須だそうな。NTT-PC ぐらいのサーバーを借りて、トラぶったときには「しょうがないね」と言ってもらえるぐらいの。この手の話は以前の勤め先でも全然違う情況で聞いた。15年以上前に。心しなくては。
----
 こういう集まりに参加するたびに、フリー、もしくはそれに近い形でエンジニアとしてやっていけるのではないか?と思ってしまう。
 相当出遅れたがチャンスはつかんだ。あとは、オイラにそれに足る才能があるかどうかだけだ。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル