日々の徒然を

月曜日, 3月 29, 2010

いつのまに...

日本AMDが12コアの新プロセッサを発表

日本AMDは2010年3月29日、x86サーバー向けの新プロセッサ「Opteron 6000 Series」を発表した。コア数は同社が「世界初」とうたう12コアと8コアの2タイプで、これまで最大だった6コアに比べて倍増した。
 12、ですか、コア数が。
価格は12コアで動作周波数が最も高い2.3GHzの「6176 SE」が、1000個受注時に1個当たり1386ドル(約12万8000円)。
 これって、「バカ」高くはないよなぁ。出始めの頃の 486DX2-66 とかがこれぐらいの値段だった気がする。

 うーんこの分だとパソコンの CPU は、完全にコモディティ化というか、車のエンジンのように差別化・付加価値の要素にはならなくなりそう、というかもうなってる?

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル