日々の徒然を

月曜日, 4月 05, 2010

本:化学物質汚染列島

 図書館の新入荷の棚にあって、タイトルがちょっと気になったので借りてみた。

 内容は、TV 番組が調査した、明らかに異常な頻度で現れるタンポポの奇形(表紙参照:これはまだかわいいもの)に関して番組のディレクタがまとめたもの。

 「沈黙の春」を読んだ後では、全く物足りないが、TV ディレクターが書いたせいか退屈させないようにサービス精神満載なので、本をあまり読みなれてない人にいいかも。オイラは一時間半で読みきった。

 土地や家を買うなら、春にそこに生えている草花を良く調べたほうが良い、という教訓は得たが、使う機会はほとんどないだろうなぁ...。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル