日々の徒然を

日曜日, 3月 27, 2011

福島原発

 反対派の最悪のシナリオから見ると、

  • 圧力容器の水蒸気爆発
  • 北東の風で放射性物質が首都圏直撃
の二つは避けられた。風向きに限れば、西高東低の気圧配置の時間が多く、放射性物質はかなりの量が海に流れたらしい。

 意外だったのは、事故対策が長引いていること。瞬殺か、せいぜい一週間でケリがつくと思っていたのだが。

 季節が変わって、北東の風が吹き始める前に落ち着いて欲しい。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル