日々の徒然を

日曜日, 6月 13, 2010

電子書籍の可能性

 この間再放送をしていた、爆門学問の浦沢直樹が出た回、録画してあったのを見ていたら、

コマを割ってページをめくるというフォーマットは俺が作った、誰かこれを壊してくれ
と手塚治虫が言った、という話が出ていた。

 「じゃ、巻物かい、それは嫌だよ」と浦沢直樹は言ったが、電子書籍ではどうだろう?ページという枠に縛られないコマ割、上下左右どちらにもいけるページめくり。ゲームブック的なものも良いかもしれない。

 ソフトを一から作らなくてはならないから大変だろうが、出るとすれば同人系からか?オイラの時代のメジャーどころの漫画家なら秋本治とか鳥山明がやりそうな気がするが、最近はそんな人いるのだろうか?

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル