日々の徒然を

金曜日, 12月 10, 2010

ノートパソコンを買った

 NTT-X からのメルマガを見ていたら 27,800円のノート PC というのがあった。Web ページを開いてみると HP の mini 210 春モデルで 10.1 インチ、CPU は Atom N450。いわゆるネットブックというやつらしい。
 ノートパソコンは今のところ二つ持っていて、一台は7-8年前に買った15インチディスプレイの A4(VAIO GRS500)、もう一台は5年ほど前に買った12インチのB5(nc4010)。
 地下鉄通勤ながら乗車時間は11+2分、A4を使うのはせいぜい1年に2-3度、B5は最近勉強会にもっていくので月に1-2回使うが、ネットにつながらないので実は本当のノートでも大勢に影響はない。それでも最近B5のバッテリー駆動時間が2時間を切ってAC電源なしでは使い物にならないのと、1.5kg+ACアダプターが背中に堪えてきたしノートパソコンも5年も使えば充分だろうと、そろそろ新しいのがほしかった。その上2年半ぶりのサラリーマン生活も半年近く無事に過ごしボーナスは無いが年末ということで、新しいディスクトップも買ったばかりだというのに値段につられてポチっとしてしまった。

 12/4 (土) に注文して発送は 12/6(月)、自宅に届いたのは中一日おいた 12/8(水)、その日は不在で手にしたのは 12/9(木)。日曜日を挟んだことを考えるとなかなかのスピード。
 モノは最初の写真。一緒に移っているキーボードは Realforce91U。買ったときは2万円弱した。このキーボードがいかに高いというか、技術の進歩と製造のグローバリゼィションはすざましいと言うべきか。このノート、型遅れとはいえ今年の春モデル。それが半値近い値段で手に入った。注文してからたまたま dospara の中古品売り場を見る機会があったが、中古とはいえ、ディスプレイの保護シールが付いたままの netbook 第一世代(CPU が atom N270)が 24,800円で売られていたので、今回の 27,800円という価格が極端に安わけではなさそうだ。それどころか、mini210 が手元にきてから一週間とたたないうちに、NTT-X ストアで IdeaPad S10-3 が 24,800円(特別クーポン使用)で売られていた。こっちのほうが mini210 よりちょっと小さくて、ちょっと軽くて、バッテリー駆動時間もちょっと短い。ていうか、HP のノートはすでに持っているから IBMLenovo のノートが一台欲しかった。

 ちょっと使った限りでは、キーボードの打ち心地はまぁまぁ(IdeaPad S10-3 にある PageUp/PageDown がないのは残念だが...)、スピーカーもそれなり(下の方はまったく出ていないが)、ディスプレイも特に不満はない(もう少し大きく開いたほうがうれしいのだが)。
 毎日持ち歩いて仕事場や昼飯時に使おうと思っているのだが、雪の降り始めですべて転んで買ったばっかりのマシンを壊してしまいそうなので様子見中。
 とりあえず iTunes サーバーのデータをコピーして作業用 BGM の準備はばっちり。今は部屋の中でラジカセ状態。

 外で使うのはこれから。

 
 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル