日々の徒然を

日曜日, 6月 26, 2011

本:なぜ牛乳は体に悪いのか

 乳がんと牛乳を読んで、「牛乳は体に悪い」と書いてある本を探して図書館に予約を入れた本。半年かかってやっとまわってきた。

 乳がんと牛乳と違って、内容は軽め、新書クラス。そのせいか多少煽りっぽい記述もあるが、参考文献や出典が明記され、一部は巻末に引用されているので、本の内容に信頼感がある。今ならネットで検索して原典当たることも容易だろう。ただ、全部英語の文献なのであまり現実的ではないが...。

 この本によれば、乳幼児に牛乳を与えることも悪影響があるとか。こうなると牛乳は百害あって一利なしという感じ。

 乳がんと牛乳を読んでから、積極的には牛乳・乳製品を食べることは控えていたが、この本を読むと、もっと徹底的に避けたくなる。
 が、そうすると洋菓子、ピザ、菓子パンどころかカロリーメイトあたりまで全滅。

 ゆるく付き合っていこう。

 そういえば、ホクレンの「もっと牛乳を飲もう」系の CM をすっかり見なくなったが、一体なにが...。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル