日々の徒然を

月曜日, 3月 24, 2008

FireFox が遅くなる原因

 メインで使っているマシン、FireFox でページをたくさん開いていくと異様に反応が遅くて参っていた。環境は Win2000+AthlonXP2500+RAM:1G。

 スペック的には、必要にして充分というあたりなのだが、ブラウザを何枚か開き、それぞれにタブでいくつかのページを開くと、

  1. タブ、ブラウザを閉じる操作の反応が秒単位でかかる
  2. 文字入力中に秒単位で反応が無くなる
  3. ブラウザ上のマウスカーソルの形の追従が秒単位で遅れる
などの現象がでて、困っていた。
 ブラウザを全部閉じてから開きなおせばすべての現象はいったんは治まるのだが、使っているうちにまた同じ現象がでてくる。

 半年ほど前まで勤めていた職場で使っていた WinXP + FireFox + Pen4HT ではこんな現象は出ていなかったので、WinXP か HT/Dual core にすれば現象は出ないのかと思い、とりあえず XP の動くノートパソコンで試してみると、確かに現象は出ない。ノートの CPU CelM1.7M は HDBENCH で調べると、処理能力はメインマシンの半分ほど。OS の差かとも思ったが、良く見るとノートパソコンの FireFox には google tool bar が入っていない。
 モノは試しとメインマシンの FireFox の google tool bar を disable して見ると...。

 現象が消えた。文字入力で「引っかかる」ことはあるが、突然秒単位で反応しなくなることは無い。

 調べてみると、こんなページも。

 google といえども、性質の悪いソフトはあるということか。

 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル