日々の徒然を

火曜日, 7月 14, 2009

本:機体消失


 まだ読んでいかった内田幹樹の本を図書館から借りてきて読んだ。

 久しぶりだったのだが、読み始めて妙な違和感。妙にイリーガルな匂いがする。何をやっているかがわかって気づいたが、楡 周平そっくり。
 そのあと、南の島の楽園のような暮らしが語られ、大体全体のストーリーが読める。

 お約束のジャンボジェットの緊迫したコクピットのシーンはラストに少し。ジャンボジェットって、こんなに簡単に盗めるの?
 ハイジャック犯(?)とのやり取りは、なかなか面白いのだが待ち時間が長すぎて妙に間延び。

 あとがきによれば、本人の書きたかった小説だそうな。それはわかったし、それなりに面白かったが、この人に期待するものとは別。一緒に借りた「拒絶空港」に期待しよう。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル