日々の徒然を

水曜日, 8月 12, 2009

本:鹿男あをによし

 ドラマの再放送を途中から見たら、えらく面白かったのを思い出し、図書館から借りてきた。
---
 出だしはちょっと退屈。大学の研究室の人間関係のゴタゴタから始まり、生徒からいじめられる臨時教員と、あんまり明るくない話が続くのかと思ったらさにあらず。
 そのあとはなかなか地に足の着いたファンタジー。剣道の試合のシーンは長すぎず短すぎず、素人のオイラが読んでもかなり迫力があった。

 ラストはドラマとはまた微妙に違ったが、小説ならこっちのラストがぴったり。

 終盤、最初出てきた思わぬ伏線が炸裂、思わず膝を叩いての大笑いが二回もあった。

----
 読み終えて気がついたが、久しぶりに不満のない小説だった。プロットの多少の無理とか、日本語がちょっとおかしいとか、イマイチ面白くないとか、小説を読むと少なからずあらが見えてしまうことが多いのだが、この小説にはそれがない。

 オイラのツボにぴったりはまったということだろうか?

 その割には、この作者の他の本を読みたいと思えないのはなぜだろう?

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル