日々の徒然を

日曜日, 7月 25, 2010

某月某日

 久しぶりに終電近くの地下鉄に乗ったら、目の前で若いアベック(て死語?)がじゃれあっていた。女の子が何度も降りる駅を聞いていたから、今日は彼氏の家でお泊りだろうか。
 二人は5年後には乳飲み子を抱え、10年後に子供が小学校入学、20年後に反抗期の餓鬼を抱え、40年後には穏やかな老後を迎える、という可能性が高い(パートナーは別な相手の可能性が高いが(w。

 ま、40半ばを過ぎて一人身の可能性も少なくはないのだが。オイラみたいに。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル