日々の徒然を

土曜日, 7月 31, 2010

本:月刊黒田エイミ

 家から歩いて15分ほどのところにある大きな本屋、以前は月刊シリーズを一冊だけ、ビニールがなく読めるようになっていたのだが、最近全部ビニール本 (^^;

 なので、表紙を見て気になってはいたが中がみられずにいたこの本、別な本屋で袋に入っていないのを見つけて見てみた。

 なかなか良い。恋人というよりは、出張で行くたびに相手をしてもらっている北京の高級娼婦に、こちらのオフの一日、付き合ったという感じのシナリオ。黒田エイミの事務所の HP によれば、隠しテーマは「上海愛人」だそうだか、雰囲気は良く出ている。

 素ッピンで笑うと歳相応の女の子なのだが、裸でのポーズのとり方は堂に入っているし、退廃的な北京の街並みにもよく合う。

 モデルの黒田エイミさん、本当のモデル体型なのであんまり胸は大きくないし、腰のクビレは目立たないし、お尻には痣まであるしで、脱いだらそんなにすごくはないのだが、それはそれで妙にリアリティを感じる。

 月間シリーズは露出度の差が大きいのだが、そちらのほうも問題なし。「月刊 道端ジェシカ」のようなよく見るとそうかも?というレベルではなく、薄めのアンダーヘアーが隠すこともなく丸見え。粒子の粗さでごまかしてなければモザイクが要りそうなのも一枚ある。
 
 うーん、これは久しぶりに欲しい一冊。こうなってくると、普段は邪魔くさい真ん中のインタビューが無いのが惜しくなってくる。

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル