日々の徒然を

金曜日, 11月 16, 2007

落合監督の“非情の交代劇”に見る、トップの不思議な思考の世界

 日本シリーズ最終戦、8回まで完全試合をしていた投手を中日の落合監督があっさり代えた話


 なるほどね。石原東京都知事、阪神岡田監督、日ハムのヒルトン監督は肯定的なそうだ。

 オイラの後知恵では、9回に投手を代えていなければ「日本シリーズ最終戦を完全試合で負けた」レッテルが欲しくない日ハムが死に物狂いでランナーを一人出し、中日の緊張が解けたところで一点追加、という可能性は充分あったと思う。

 ちなみに wikipedia の評はこんな感じ

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル