日々の徒然を

水曜日, 7月 08, 2009

とうとうというか、いまさらというか

グーグルがネットブックOS「Google Chrome OS」を発表、2009年末までに公開

 グーグルは2009年7月7日(米国時間)、ネットブック用のOS「Google Chrome OS」を発表した。LinuxをベースにしたOSで、Webアプリケーションの使用に特化する。2009年末までにオープンソースとして公開し、2010 年後半には同OSを搭載したネットブックがOEMパートナーから発売される予定。
 Linux ベースで Web アプリ用に特化ねぇ。で、搭載マシンが出てくるのが早くて来年の今頃?
 グーグルはGoogle Chrome OSについて、携帯機器用に開発する「Android」とは分離したプロジェクトであると説明している。プロセサはパソコン用のx86プロセサと、携帯機器で人気が高いARMの双方に対応する。グーグルのWebブラウザである「Google Chrome」の名前を冠するように、Webアプリケーションの利用に特化、パソコンの電源を投入してすぐアプリケーションが利用できるような軽量OSを目指しているという。
 そういえば昔、ダム端末みたいな GUI クライアントを端末にするシステムがあったっけ。それも一度ならず。

 歴史は繰り返すか、今度こそ普及するか?

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル