日々の徒然を

木曜日, 7月 09, 2009

古いものは...

 昨日部屋で本を読んでいたら、突然「ン----」という音が。冷蔵庫か何かとも思ったが、よく聞くと水道の水を流したときに水道管が振動する音。

 トイレのタンクのバルブでも壊れたかと思ったがそんなこともなく、台所の水道の元栓を止めると止まった。元栓を開くとまた音が。どうも壁の中で水が漏れているらしい。

 お世話になっている工務店に電話して水道屋さんに来てもらうと、「水道管に穴が開いたようですねぇ」。築28年の一軒家。耐用年数はとうに過ぎているということで、台所の配管を全部交換。お値段10万円なり。

 痛い。お金というのはこうして無くなっていくものか。

 ちなみに、トイレと洗面台・風呂場の水周りはそのまま。全部なおすと30万円台だそうな orz。

 適当な時期に大規模リフォームか、建て直しか、それとも売ってしまって賃貸にでも引っ越すか。

 

0 件のコメント:

自己紹介

お気に入りの本

ラベル